ウォーターサーバーの懸賞には要注意

category01

ウォーターサーバーの市場はここ数年で一気に拡大しており、かつては数社しかいなかったようなウォーターサーバー業者も現在は百以上という極めて多くの数になりました。
しかし業者の数が増えれば悪質な業者が増えるのが世の常で、最近のウォーターサーバー業界では何かとトラブルの話が出てくるようになっています。


その中でも特に利用者側が注意したいのが「懸賞に当選したのでサーバーを無料でレンタルできます」といったような催しものです。別にこれだけであれば違法ではないのですが、問題なのはもともとサーバー自体は無料でレンタルできるところが多いということです。



しっかり調べていれば懸賞に当たろうと外れようと何の違いも無いのですが、人は特別感に弱いものです。
あたかも自分が幸運であったために普通だと料金を請求されるサーバーがお得に設置できるようになったと考えてしまいがちですが、実際にはもともと無料であったのですから何の意味もありません。

OKWaveはとにかくお勧めです。

その特別感に浮かされてウォーターサーバーを契約してしまった場合、毎月水を購入するように促されてしまいます。サーバーの設置を無料とする代わりに水の購入に際してノルマを課している業者は非常に多いですから、もしウォーターサーバーに魅力を感じていなかった人がイベントで業者に言われるがままに契約をしてしまったとなると、必要を感じていなかったものに毎月数千円を支払わされることになってしまうでしょう。

ウォーターサーバーのランキングが気になる方に必見の情報です。

もちろん大半の業者はしっかりと顧客のことを考えて経営をしていますし、利用すればそれなりのメリットは得られます。

しかし納得していない状態で契約することに良いことはありませんから、こうした点にはしっかり注意しておきましょう。

大人の常識

category02

契約するウォーターサーバーを検討する際にはサーバーの代金や水の種類、価格といった要素に目が向いてしまいがちです。もちろんそれらの要素も重要なものであるということは間違いないのですが、それと同時にチェックするようにしたいのが「配送料」という部分についてです。...

subpage

意外な事実

category02

ウォーターサーバーを提供している業者は数多くありますが、業者はそれぞれ個性的な商品を提供するようにもなっています。サーバーの外見は全く違うものが取り揃えられていることが多いですし、水に関してもやはり異なるものが提供されているのです。...

subpage

わかりやすい情報

category03

結論から言うと「必要」です。ウォーターサーバーは水を使用しているので、きれいに見えるのですが、細部には細菌やほこりがたまっています。...

subpage

専門知識

category04

日本は水道水でも十分に美味しく、全体の4~5割は水道水を飲料水として用いています。ミネラルウォーターの利用者は少ないように思われていますが、意外にも3割程度いることがわかっています。...

subpage